私が夢みる看護師像

看護師3年目にチームリーダーに抜擢された実力派看護師

女性38歳
外来2年、内科病棟8年
大学病院の外来2年、内科病棟8年経験しています。
学生指導、チームリーダー、プリセプターを行っています。
既婚者です。

2つのきっかけ

年の離れた兄弟がいたので、お世話することが好きでした。
小学生の時TVで手術シーンを見ていて、自分も同じことがしたい、看護師になれば手術ができるという単純な思いから看護師を目指すことになりました。

准看護師からの出発

高校卒業後、准看護師の専門学校を経て正看護師の専門学校に行きました。

ほどよい病棟

新人からベテランまでほどよくいる病棟です。
厳しい先輩もいますが、色々なことを教えてもらえるのでとても勉強になります。

看護師にって3年目に抜擢

看護師になって3年目でプリセプター、チームリーダーを任せられました。
また、学生指導のため半年間大学で指導について学び、終了後より学生指導をしています。

あえて褒める

プリセプティのケースレポート発表の際、他の看護師は厳しい評価をしていました。
しかし私は、学生が時間を掛けてレポートを書いているのを知っているため、あえて褒めることに努めました。
そうしたら発表終了後『○○さんは普段は厳しいけど、発表の時はいつも褒めてくれるので嬉しいし、やる気がでます』と言われました。
少人数でも自分のことを分かってくれると思うと嬉しかったです。
また、初めて学生を受け持った時、実習終了後に色紙をもらいとても嬉しかったです。
本当は色紙よりもレポートに力を入れてもらいたかったですが…

医師に馬鹿にされる

1年目の時、医師から専門外の質問をされとき答えられませんでした。
そのとき『ふ〜ん、そんな程度の頭か』と言われましたことがとても悔しく嫌な思いがしました。
なので馬鹿にされないように勉強をした思い出があります。

嬉しいこと

患者の担当になり、看護計画通りに病状やリハビリが進むととてもやりがいを感じます。

行動に余裕をもちたい

日々忙しく、なかなか患者とゆっくり話すことができませんが、自分の行動に余裕を持っていけたらと思います。